NPO法人 SC大阪エルマーノ
事務局:
06-6751-8889 info@sc-hermano.com 
■HOME

■クラブ紹介

■スタッフ紹介

■クラスの概要

■スケジュール

■フォトギャラリー

■U-9

■U-12

■U-15

■社会人

■リンク集

■試合速報

■過去の戦績

■MAIL
 ■コーチコメント(小学生)
 2016 U-12メンバー
第40回全日本少年サッカー大会大阪府大会大阪市予選(2016)
■1次リーグ1部Aブロック結果■
■2次リーグ1部Cブロック結果■
■3次リーグ1部Aブロック結果■
■4次リーグ1部Bブロック結果■

ライフカップ第40回大阪少年サッカー大会大阪市予選(2016)
■大阪市予選結果■

第22回 大阪小学生サッカー大会U-11(2015)
■予選リーグEブロック結果■
■大阪市代表決定戦結果■

■中央大会結果■

JFA全農チビリンピック2015大阪市予選
■予選リーグCブロック結果■
■大阪市代表決定戦結果■
 
 2016 U-11メンバー
こくみん共済U11CDゾーン(2016)
■2部Aブロック(1巡目)結果■
■2部Aブロック(2巡目)結果■

JFA全農チビリンピック2016大阪市予選
■予選リーグFブロック結果■
 
 2016 U-10メンバー
こくみん共済U10Cゾーン(2016)
■Aブロック(1巡目)結果■
■Aブロック(2巡目)結果■
  
 福井県鯖江市つつじ杯U-12※U-11で出場 (H28.5月4日〜5月5日)
毎年参加させて頂いている、福井県鯖江市つつじ杯に参加しました。
上級生相手に日頃経験できないスピードやパワーを持った相手にどう戦っていくかを経験することができました。
1泊2日で寝食を共にし、仲間との絆を深める事ができました。この経験を今後に活かせるよう頑張りたいです。
今回お世話になりました、立待SCの皆様、保護者の皆様ありがとうございました。
 
 福井県古城カップU-12 (H28.4月30日〜5月1日)
毎年参加させて頂いている福井県古城カップに出場しました。
1泊2日の遠征で寝食を共にし、ライフカップ・全日リーグに向けてより一層絆を深めました。
キックオフの時間、試合間の過ごし方、食事のタイミング、就寝、起床の時間などほぼすべて、キャプテンのこうようが中心となり自分達で考えスケジューリングし、行動しました。
結果は準優勝と残念な結果に終わりましたが、充実した収穫の多い遠征になりました。
福井県古城カップ関係者の皆様、永平寺SSSのスタッフ、保護者の皆様、今回の遠征の参加にご協力いただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 
 第9回卒業記念大会MUFG杯

MUFG杯を終えて
結果

大阪市予選リーグ
イーフレンズ 1-0
エストレアSC 2-0

代表決定トーナメント
正覚寺FC 1-0
FOOTJOY 0-1
大阪市2001白鷺 1-0
 中央大会進出

中央大会
ディアブロッサ大阪 0-3
F.F.C Celesao 0-5
YMCA 1-1

小学生生活最後の公式戦のMUFG杯でこの学年では初めて中央大会に行くことが出来ました。
この学年はなかなか公式戦や参加した大会で勝ち切ることが出来ずに悔し涙ばかり流してきました。だからこそサッカー以外の部分も含めてサッカーに対して、本当に一生懸命取り組んでいたのでいてキャプテンの奎登を中心にチームとしてのまとまり、一体感というのは本当に素晴らしいチームになってくれたので担当コーチとしてはうれしい反面、何とか勝ってよい思いをしてほしかったので最後に中央大会に行くことが出来て何とか少しでも頑張ってきたことが報われて良かったです。
でその肝心の中央大会では21分けといい部分がなかなか出せずに、また悔しい思いをしてしまいました。勝ち切るための力、ゲームを支配し続ける力、守り切る、我慢する力など高いレベルでの色んな「力」をもっともっと身に付けないといけないと感じました。
U-15に上がってフューチャーリーグ、アドバンスリーグ、クラブ選 手権、高円宮杯と中学の公式戦がまた始まります。悔し涙ばかりの学年でしたが、中学では最高のうれし涙を流せるようにこれまで以上に頑張っていこう!!

 
 第22回 大阪小学生サッカー大会(U-11) 2015
1年前、ちびりんピック大阪市予選、大阪市代表決定で戦敗退し悔しい思いをしました。1年間頑張ってトレーニングし、大阪市代表の座を勝ちとり、中央大会進出しましたが、昨年以上に悔しい思いをしました。この悔しさを忘れず、トレーニングを積み重ねていきたいです。

大阪市1次予選

vs イーデス阿倍野○3−1
vs pazuduro○2−0
vs 太子橋○3−0
大阪市2次トーナメント
vs 友渕○4−2
vs 住吉大社△1−1PK○2−0
中央大会
vs 長池つばさフューチャーズ1st●2−3
 
 第39回全日本少年サッカー大会大阪市予選
予選リーグ1巡目
  ジュネッス   ひじり    アスリーナ   JUMP    九条南   クラッキ   阿倍野   リアフォース   エルマーノ   カナリアンズ     勝点    順位   
ジュネッス1st     2△2 26○0 10○1 5○0 4○0 7○2 10○2 4○1 8○2 25 1
ひじり 2△2   16○0 2○1 3○1 7○0 2○1 5○0 1●4 4○0 22 2
アスリーナ 0●26 0●16   0●14 1●7 0●13 1●2 1●2 0●3 0●10 0 10
JUMP 1●10 1●2 14○0   2○0 6○0 4○1 4○0 4○0 0●1 18 3
九条南 0●5 1●3 7○1 0●2   2○1 0△0 2○0 2●3 1●2 10 6
クラッキ 0●4 0●7 13○0 0●6 1●2   1●2 2○1 2○1 0●3 9 7
阿倍野 2●7 1●2 2○1 1●4 0△0 2○1   0●2 1●4 0●1 7 8
リアフォース 2●10 0●5 2○1 0●4 0●2 1●2 2○0   0●2 1●3 6 9
エルマーノ 1●4 4○1 3○0 0●4 3○2 1●2 4○1 2○0   4○0 18 4
カナリアンズ 2●8 0●4 10○0 1○0 2○1 3○0 1○0 3○1 0●4   18
予選リーグ2巡目
  ジュネッス   ひじり    JUMP    エルマーノ    カナリアンズ   アイリス1st   大阪住吉  FC平野      生野   諏訪     勝点   順位  
ジュネッス1st     1△1 5○1 2○0 5○1 0●3 1○0 3○0 4○2 12○2 22
ひじり 1△1   0△0 1●2 7○2 0●4 1△1 0△0 0●1 4○1 10 6
JUMP 1●5 0△0   0●2 1●2 0●15 1○0 2●4 1●3 7○1 7 8
エルマーノ 0●2 2○1 2○0   0●1 0●3 0●1 1○0 1○0 2○1 15 4
カナリアンズ 1●5 2●7 2○1 1○0   0●4 0●2 1○0 0●7 1△1 10 7
アイリス1st 3○0 4○0 15○0 3○0 4○0   10○0 8○0 3○0 8○0 27 1
大阪住吉 0●1 1△1 0●1 1○0 2○0 0●10   2△2 2○1 3○0 14 5
FC平野 0●3 0△0 4○2 0●1 0●1 0●8 2△2   0●3 1△1 6 9
生野 2●4 1○0 3○1 0●1 7○0 0●3 1●2 3○0   5○3 15 3
諏訪 2●12 1●4 1●7 1●2 1△1 0●8 0●3 1△1 3●5   2 10
大阪市ブロック決定戦
vsグラシオン●0−2

全日を振り返って

前期
 今年度から全日が冬に以降した関係で今までの4種リーグが大阪市内での全日の予選を兼ねて行われ、選手も今までの4種リーグとは違う雰囲気で闘ってくれました!
 前期リーグはリーグと並行してライフカップも行われるという事もあって育成6年生の全員に出場機会を設けて経験を積んでもらおうと前半、後半で選手を交代したりと思考錯誤しながら試合に臨みました!メンバーを入れ替えながら開幕から6連勝をすることが出来たのはすごく良かったのですが、後期の1部が決まってからのジャンプ、ジュネッス1st、クラッキの3試合は負けてしまい、技術的、精神的な弱さが出てしまいました。前期と後期の間に夏休みが入るのでレベルアップできる期間があったので前期リーグで出た課題、逆に成功した部分をふまえて後期、トーナメントに繋げるきっかけになりました。

後期
 他ブロックの上位チームが合体して1部リーグとなり、より対戦するチームのレベルが上がったリーグになり、本格的に当該の勝敗や順位で全日トーナメントのシードや組分けに影響する為、より緊迫した試合が増えました。初戦の大阪住吉戦は夏休みの1番最初のゲームで凄く良い内容でしたが、カウンターで失点して敗戦という勝負弱さが出てから、勝負強くなるをテーマに夏休みに色んな試合や大会に出場して中でも千里馬カップと東市杯に優勝出来た事で少し自信に繋がったと思います。その夏休みを経て全日リーグが再開後はアイリス1stには善戦しながらも0-3で負けましたが、ひじり、ジャンプ、生野、FC平野、諏訪と内容があまり良くない試合も僅差ながらしっかり勝ち切る事ができるようになったのは本当に成長出来た部分だと思います。ただラスト2試合のカナリアンズ戦は前期に圧勝していた為勝てると慢心していてゲームへの入りが悪く先に失点して負けてしまい、気合いを入れ直して臨んだジュネッス1st戦は試合は入りも良く決定的なチャンスを何度か作る事が出来ましたが、決め切れず逆に前がかりになった所をカウンターで攻められて失点と強いチームに対して本当に良い内容で成長した部分と甘さが残ってる部分と不安定さがあるのも課題となりましたが、全日リーグを通じて良いも悪いも様々な成長と課題を発見出来たのとしっかりと全日トーナメントのシード権を獲得出来たのも1つの成果だと思います。

全日トーナメント
 年間を通じて取り組んでやってきた事を実践して披露するトーナメントでみんなの最大の目標の試合で相手はグラシオンでした。エルマーノは粘り強く守備をしながら、サイドからカウンターのチャンスをうかがっていましたが、効果的なクロスやフィニッシュができなかったのに対して、DFのバランスが崩れた隙を逃さずチャンスをものにしたグラシオンは試合全体を通じての試合巧者だったと思います。4年生の頃からチビリンや小学生大会、その他プライベートで呼んで頂いた大会で悔しい思いをする事が多かったので、この全日は選手達にとって小学生最大の目標としていた大会で、なおかつ何としても勝ちたいと思っていたので、良い思いをさせてやれなかったのがコーチは本当に悔しく責任を感じます。ただこれからU-15へと繋がっていき、まだまだこれからが勝負になるのでこの悔しさを忘れず、選手達と一歩一歩進めればと思います。まだ6年生は続きますし、MUFG杯の予選や福井遠征や奈良の大会など色んな事を積み上げる為のきっかけになる試合はたくさんあるのでU-15に昇格するまでにもっともっとレベルアップしていこう!

いつもエルマーノの育成活動に協力、賛同していただいている育成6年生の保護者の皆様、またトーナメント会場やリーグ戦会場に足を運んで頂き応援してくださったエルマーノの選手や保護者の皆様本当にありがとうございました!

また熱い応援宜しくお願いいたします。

育成6年生担当 竹元

 
 JA全農チビリンピック2016小学生8人制サッカー大阪府大会U-10

vs大阪市ジュネッスFC ●0-1
vsスポーツネット大阪 ●0-3
vsFC平野△ 0-0
中央大会出場を目標に挑んだチビリンピックは、大阪市予選リーグを突破することなく終了しました。強豪チームを相手に1ピリオド、2ピリオドは足を止めず運動量を上げ、球際を強く、良い形で試合に望むことが出来ました。しかし3ピリオドで少しずつ運動量が下がり最後まで100%の力で戦うことが出来ませんでした。最後まで諦めない気持ちが勝利に繋がります!4失点全てセットプレーでした。また新たな弱点を見つけることが出来ました。今後も課題を修正し、また新たな目標に向かって頑張って行きたいと思います!

 
 福井県合宿(2015.7.18〜20)
 2015年7月18〜20日に小学3〜6年生とU-13Aメンバーで福井県合宿を行いました。前日からの台風の影響により、初日の試合は中止となりましたが、小学生はグランドをお借りし、5・6年生は試合、3,4年生はトレーニングを行いました。3年生は地元チーム(立待FC)との合同練習を行いました。子供たちの仲良くなるスピードはかなり早く、1時間も経たないうちにお互いの名前を呼び合い、合同試合も仲良くできました。
 2日目からは天気も良く、たくさん試合をしていただきました。上の学年と試合をしてもらえることが多く、子供たちには良い経験になりました。ホテルでは3年生は5.6年生と同じ部屋に泊まり、仲良くしてもらえたようです。
 今回の合宿で、子供たちはさらに仲良くなり、また子供たちの普段とはまた違った様子をうかがうことができ、充実した合宿でした。(西村コーチ)

3日間暑い中よく頑張りました!この3日間でサッカーの事はもちろん、生活のとこでもたくさん学ぶ事が出来ました。コーチ達、チームメイトに褒められたり、怒られたりした事をしっかり心に刻み、これからのサッカーや学校生活に活かし、頑張って行きましょう!(韓コーチ)

 
 ライフカップ第39回大阪少年サッカー選手権大会
 1stチーム
 vs アバンティ関西1st ●1−2
 vs イーフレンズ1st ○2−0
 vs 鯰江東 ○4−0
 vs 住吉大社 △1−1PK●(3−4)
 2ndチーム
 vs クライフ ○2−1
 vs 大成 ●0−4

 2ndチームの『全員が試合に出場し勝つ!』を合言葉にライフカップに挑みました。大会前に向けチームの戦い方やPKの練習など行いました。練習なのにPKで緊張してしまったり、ヒーローになってやる!という気持ちが強い選手など、それぞれが戦う気持ちを持って挑みました。結果は2回戦敗退でしたが、この大会期間中でサッカーの楽しさを得る事ができたと思います。ここからは自分達の力で勝ち取っていけるよう、またこの経験を活かしてみんなで頑張っていこう!
 1stチームは初戦に敗退し、復活戦へまわりました。敗者復活戦ではリラックスしたムードも出てき始め、勝ち進んでいくことができましたが敗者復活戦Aブロックの決勝でPKにより敗退してしまいました。このライフカップの敗退の原因をスタッフ、選手共に修正、改善していきたいと思います。

この大会で6年生の保護者以外の他学年の選手や保護者の方など、本当にたくさんの方々に会場に足を運んで頂き応援していただきました。本当にありがとうございました。
 
 福井県鯖江市つつじ杯(2015.0504〜05)
 予選リーグ
 vs 粟野南●1−3
 vs 湊●1−2
 vs 惜陰・進徳○9−0
 蕎陽杯(下位トーナメント)
 vs 清水○1−0
 vs 国高●2−3
 蕎陽杯トーナメント3位

 育成5・6年生のミックスチームで大会に参加しました。粘り強く、自分のイメージをプレーにだそう!をテーマに戦いました。毎試合、ドリブルで抜かれても追いかけ続け、体を張ったプレーを少しずつ発揮することができましたが、結果として残すことはできませんでした。試合を重ねるごとに仲間を励まし、声を掛け合うシーンが生まれてきたことは大きな収穫となりました。チームMVPに選ばれたMASAKI君は不慣れなポジションでありながら、DFの真ん中でチームメイトに声をかけ続け、バランスの良いポジションをとりながら体を張ったプレーを披露してくれました。
 これからもチーム一丸となって励んでいきたいと思います。
 
 福井県坂井市古城カップサッカー大会(2015.0502〜03)
 予選リーグ
 vs ハーフェン○16−0
 vs 春江SSS○13−0
 vs 長畝FC○2−0
 決勝リーグ
 vs 坂井SSS○2−0
 vs 敦賀FCフレンズ△0−0
 決勝戦
 額SSS△1−1 PK●3−4
 24チーム中2位準優勝

大会は2年連続で決勝戦進出を果たして去年のリベンジをと思ったのですが、チャンスをものに出来ずに苦手なPK戦で負けてしまいました。
選手を前半後半でメンバーを変えながらしっかりと戦えたのは力が少しづつ付いてきている証拠だと思います!
また春の福井遠征では駅からの送迎やお弁当、会場での水分などの差し入れなどいつも大変お世話になっている永平寺さんには本当に感謝です!
ありがとうございます!
また遠くまで応援に来てくださった保護者の皆様ありがとうございました!
もうすぐ始まるライフカップ、全日リーグに向けて頑張りたいと思います!!
 
 第8回卒業記念サッカー大会MUFGカップ
 グループリーグ
 vs 宇山サッカークラブ △0−0
 vs 和泉市フットボールクラブ ●0−2
 vs 東YMCA ○2−1

 2014年度U-12リーグを上位の戦績で出場権を得た大会でした。年間を通して上位の戦績を収めたチームのみの参加なのでどの試合もレベルが高く見応えのある試合でした。大阪府ベスト8に進出することはできませんでしたが、全員が試合に出場しました。雨の中でも最後まで戦う姿は、大きく成長してくれた喜びをわれわれに与えてくれました。
 中学生になってもチーム一丸となってレベルアップを目指したいです。
 最後の最後までいつも応援に来て下さっていた皆様、本当にありがとうございました。
 
 JA全農杯チビリンピック2015大阪府大会(大阪市予選)
 予選リーグ
 vs 友渕JSC ○5−0
 vs pazuduro ○7−1
 vs FCルイラモスヴェジット ○5−0(棄権勝)
 地区予選決定戦
 vs 大和田SSC ○1−0
 vs FC Grasion ●0−4

 あと一歩で大阪市代表の座を獲得するところまでいきましたが、残念ながら敗退してしまいました。試合終了後のみんなの涙が忘れる事ができません。この結果をしっかりと受け止め更なるレベルアップが出来るよう、トレーニングに励みたいと思います。
 たくさんの方に応援をいただき、ありがとうございました。これからもがんばります!
 
 U-12 ライフカップ第38回大阪少年サッカー大会(2014)

U-12ライフカップ第38回大阪少年サッカー選手権大会を終えて

 SC大阪エルマーノサッカークラブU-12(育成6年生)11月よりライフCUP38回大阪少年選手権大会中央大会トーナメントが行われました。
 エルマーノ1st9月に行われたプレーオフトーナメントに勝利し、11/8からの中央大会(2回戦)からの参加となりました。2回戦(ベスト16賭け)ではレオパルド寝屋川(北河内代表)と対戦。先制され、追いつき、引き離され、追いつきの展開で2-2PK4-3で勝利。この日2点取った隼輔は相当嬉しかったでしょう。今まで見た事ないヘディングで…家帰ってきっと自慢してたに違いない。笑(だいたい予想つく)
 思い返せば、4.5年生と大会前になるとケガする選手で、6年生になってやっとここまで体も戻ってきた。新たな活躍でチームを救ってくれました。コーチも嬉しかったです。もちろん他の選手の頑張りもあってのゲームでした。初戦の難しい試合を(シード枠の好チームが苦戦するなか)子供たちは粘り強い姿勢をみせてくれました。
 それから、一週あけで11/153回戦アバンティ茨木(ベスト8賭け)と対戦。2年前(4年生の時)チビリン中央大会で0-1でやられている相手。相手が決まった瞬間、トレーニング(対策)を子供たちと信じながらやりました。
 試合は前半、ハーフウェイやや左前からの大輝のロングシュートが見事相手ゴールに突き刺さる。先制!ここ最近でフィジカル的にも技術的にも、調子があがってきている選手の一人。ゴールを意識したプレーが生んだ一点でした。以前はゴール前で神経質になりすぎて空回りしてた印象だったが、ここ最近はゴールを意識したシンプルなプレーが増えてきて、それが結果として表れて良かった!
 後半戦中盤あたりから相手も前に人数を掛けだし、エルマーノ自陣に侵入しだす。ズルズル引いてしまい、ちょっとした隙を突かれて失点。そのまま決着つかず、またもやPKGK詩音が2本目を見事セーブ!3-2で勝利し、ベスト8に進出しました。みんな無心でボールに食らいつき、頑張った結果。やればできるなと、選手、周りがそんな雰囲気漂う感じでした。
 1試合あいてベスト4掛けで大阪市ジュネッスと対戦。前半早々、ウチの弱点を突くかのような相手の攻撃に苦しみました。フリーキックや、味方絡みのミス、お見合いなど、バタバタした前半戦で0-3という展開。後半は修正し攻めてビックチャンス何度も作るが一点がなかなか遠い。終わってみれば、スコアは0-3だったがどっちに転んでもおかしくない内容だったと思う。逆に前半で決めるとこ決める相手はさすが。だからこそ悔しい。ニッポンハムカップ関西まであと一歩。試合後の表情をみても、みんなそんな気持ちだったんじゃないかな。
 この負けは明らかに夏とは違った感覚。手が届きそうなところまできていた。
 ライフカップが終わり、みんなあの時あーしとけばよかった、とか大会が終わったさみしさが後から湧いてきてるんじゃないかな。この思いが必ずまたみんなを強くさせてくれる。
 ベスト4には行けなかったけど、この経験は3年後、6年後、先々みんなの為になると信じてます。
 そして、今回は色んなサポートがあっての大会だったと思ってます。
 表上はエルマーノ1stですが、応援に来てくれた2nd、保護者(他学年も含む)他チームの子供、その家族までもが、色んな力に助けられました。ありがとうございました。

結果
4種リーグプレーオフ
vs大和田SSC 2-0
vs藤井寺 2-0
※ライフCUP中央大会決定&MUFG CUP決定

ライフCUP 中央大会
2回戦(4種シードにより)
vsレオパルド寝屋川 2-2(PK4-3)
ベスト16
3回戦
vsアバンティ茨木 1-1(PK3-2)
ベスト8
4回戦(ベスト4掛け)
vs大阪市ジュネッス 0-3

ライフカップ参加376チーム中 ベスト8

エルマーノU-12 2ndチーム
大阪市予選1次リーグを3試合行い、12敗と2次トーナメントへ進出することができませんでした。
 良い結果には結びつかなったですが、試合を重ねる度にチームワークも良くなり、将来的に可能性を秘めた楽しみな選手も発見できたと思います。ライフカップ期間中は2ndチームとして試合に出掛けることも多く、回を重ねる事に楽しみな選手、プレーが実際出てきています。この大会終了を機に数名がおそらく1stをおびやかす存在になってくれると思います。
 2ndチームの在り方としては、勝負事は大前提として、選手に出場機会を与える中で、少しでも良い刺激になってくれればという想いがあります。
 1stチームも大きな声で応援してくれました。チームとしてもとても良い経験ができたと思います。


キャプテン 松永秀虎君からのコメント
僕が「セカンド」となった時は悔しかった。でも僕はライフカップという大きな大会前にセカンドのキャプテンをまかされた時はとても嬉しかった。そしてセカンドでの初めての試合は大阪住吉、すごく緊張していて初めての円陣を組みホイッスルと同時にみんなが動き出し試合が始まった。先制点をとり一気に盛り上がり、見に来てくれたファーストのみんながとても熱い応援をしてくれた。そのおかげでなんとか1試合目は勝つことが出来ました。でも2試合目と3試合目は残念な結果で終わってしまいました。でもファーストは大阪ベスト8というすごい結果を残すことが出来てうれしかったです。
セカンドとしての活動は本当に楽しくて、サッカーをやり続けて3年間の中で1番の最高の思い出になりました。
あと僕をセカンドのキャプテンにしてくれて本当にありがとうございました。

桝井慎平君からのコメント
ライフカップを振り返って
「がんばれ〜!」のどがかすれる声が聞こえた。振り返ると、ファーストの仲間が応援してくれていた。そんな声を想像すると今でも泣きそうになる。今考えてみるとファーストの仲間の声があったからパズドゥーロ戦や大阪住吉戦でのゴールが生まれたのだと思う。セカンドとしてがんばった3試合は、悔いはないし、悲しみではなく良い経験が出来たと思う。
小学生最後の大会、エルマーノのコーチ、チームメイト、お父さん、お母さん、の支えがあったから、ここまでやりとげられました。ありがとうございました。

結果
vs大阪住吉 1-0
vsヴェジット1-3
vsパズドゥーロ 1-3

12(大阪市予選1次リーグ敗退)

 
感謝をテーマに…
第一回グラッチェカップ「Uー11」
(2014.10.24〜25)

優勝 塚原サンクラブ
2位 ポルベニル橿原
3位 セレッソ大阪
4位 長野FC
5位 SC大阪エルマーノ
6位 和泉市FC ...
7位 フットメッセ生野
8位 柏田SC
9位 ING
10位 TSK金剛
11位 都南東市FC
12位 エルマーノB

主催 株式会社グラッチェ
後援 SC大阪エルマーノ
協賛 有限会社 ライフケア ひまわり
くつろぎの家 エルフ ひらおか
くつろぎの家 エルフ みと
あべの歯科クリニック
在宅医療支援サービス グラッチェ
グラッチェデンタルクリニック

特別協賛 一般社団法人 セレッソ大阪スポーツクラブ

未来ある子供たちに…
御支援ありがとうございました
 
 福井県坂井市古城カップサッカー大会(2012.0503〜04)
 育成6年生メンバーで福井県坂井市古城カップサッカー大会に参加しました。合宿のテーマとしてチーム内のコミュニケーションを多くとることと、小学生大会からの得点不足を補うために相手ゴール前では人数をかけてゴールを奪うこと、この2つがどこまでできるかを試す大会でした。試合の内容としては相手のコートで試合を進める時間は以前より長くなり、シュートも打てるようになってきました。しかし、攻撃に人数をかける分、速攻されたときに人数が少なくゴールされてしまう展開になってしまいました。今後の課題がはっきり見え、先につなげることのできる良い大会でした。
写真左:試合会場の丸岡スポーツランド
写真中:開会式直前の様子
写真右:試合開始直前の選手の様子
写真左:宿舎での晩御飯の風景
写真中:2日目は雨天の中での試合でした
写真右:チーム優秀選手は前線からボールを追いかけた尚人君
 
 第35回 全日本少年サッカー大会 大阪府予選 3位!!!
 予選
 門真北風SC ○5−0
 STAY COOL FC ●0−3
 光明台FOX SC ○8−1
 和泉市S・T FC ○3−0
 八尾久宝寺スポーツ少年団 ○8−0
 〜予選2位通過〜
 2次ラウンド
 1回戦 FC Tiamo Jr ○3−2
 2回戦 大阪東淀川FC ○1−0
 中央大会
 3回戦 枚方FC ○2−1
 4回戦 和泉市FC ○2−0
 5回戦 AVANTI 茨木 ○1−0
 ファイナル・セミファイナルラウンド
 準決勝 SSクリエイト ●1−7
 3位決定戦 T・フジタSC枚方 ○4−0

 冨士原コーチコメント
「〜全日を終えて〜まず子供たちと共に初の全日という舞台で、大阪府下298チームのファイナル・セミファイナルラウンドまで残れた事、それを取り巻く環境(保護者の皆様・大会関係者の皆さん)、本当に感謝しっぱなしの約一ヶ月間でした。子供たちは強豪と呼ばれるチーム相手にも決して最後まで諦めず、中にはケガを被いながらでも、身を粉にして闘っている姿は本当にカッコよかった。期間中、みんなこれだけサッカーの事を考えたり、時には苦しんだりする事は今までそうなかったと思う。試合に出場した選手、出場できなかった選手、ベンチ入りできなかった選手、と様々、「想い」があるだろうが、本当に貴重な時間を一緒に共有できた。この全日で感じた、1分、1秒の重み、、きっとみんなも何かを感じてくれたには違いない。そして次のレベルアップを目指し、決してここで満足してはいけない!もう次に目を向け、貪欲にいきましょう!!」

☆エルマーノU-12キャプテン   辻大樹君のコメント☆
〜全日を振り返って〜

この全日期間で色んな事を気づけたり、学べた。 予選の会場が門真市運動広場で、全日のメンバーが20人という中で、メンバーに入れなかった人もしっかり応援したりと雰囲気が良くメンバーの人も後押しされたと思います。そんな中、試合に出場した人は、責任感を感じながらプレーしたと思います。予選の中でも相手より運動量が少なかったり、雨のピッチでの試合にみんな苦しんだりしていました。予選は2位で2次トーナメントに進む事ができました。2次トーナメントの会場はJグリーン堺で行われました。環境が良く、人工芝での試合でした。ですが、気温が高く暑い中での試合でもありました。エルマーノはどんどん上に上がっていき、ついに今まで最高の記録を2つこして、ベスト4に上がりました。ですが、どの勝負も1点差という接戦でした。負けた相手チームの流れる涙を感じると、恥ずかしい試合はできません。 皆、その思いがあったでしょう。そしてベスト4になった準決勝。エルマーノは大敗をしてしまいました。その時、涙を流す者もいました。その試合でエルマーノの弱さがすべて出ていたと思いました。でも、冨士原コーチが、切り替えは大切だ。という事を教えてくれて、全員が3位決定戦に向けて切り替えました。 何とか3位になれて皆喜んでいます。 応援にきてくれたお父さん、お母さん、ありがとうございました。
  
福井県合宿 小学4〜6年生 (2011.0716〜18)
 7月16日から2泊3日で福井県に合宿にいきました。初めての宿泊に始めは緊張する子供もたくさんいましたが、時間がたつにつれて、いろんな仲間と話せるようになり楽しそうに過ごしていました。試合は一緒に行うけれども、鶴見、東成と練習場所が違うのでなかなかコミュニケーションもとれなかった選手同士がたくさん話して段々仲良くなっていくのが見ることができました。コーチと子供とのコミュニケーションの時間もたくさんできたので大変貴重な時間をおくれました。サッカーの面でもバスでの移動に苦戦する人もいましたが、グランドを一生懸命走っていました。これからも正確な技術と判断の上達を目標に頑張っていきたいと思います。今回の合宿に参加できなかった選手たちともこれからも仲良く頑張っていきたいです。
写真左:合宿初日の練習会場。広い天然芝のグランドでトレーニングしました。
写真中:ホテルでの食事風景。。バイキング形式で美味しくたくさんいただいました。
写真右:食堂から綺麗な夕日がみえました。
写真左:宿泊した『港のホテル』はメキシコ代表も宿泊した場所です。
写真中:合宿2、3日目は福井県のチームと交流戦をしました。
写真右:暑い中みんな一生懸命走っていました。
  

エルマーノ大阪出身で現在中央大学サッカー部3年生のGK岡西宏祐選手が5月13日にJFA・Jリーグ特別強化指定選手(受け入れ先はヴァンフォーレ甲府)として承認されました!!さっそく岡西選手のコメントを紹介します!

岡西選手コメント
このたび、ヴァンフォーレ甲府にJFAJリーグ強化指定選手として一年間お世話になることになりました。僕が本格的にGKをし始めたのは中学一年生からで、エルマーノで過ごした三年間は今の自分にとって、かけがえのない時間でした。このチャンスを無駄にせず、また満足することなく、向上心を持ち続けながら日々のトレーニングをしていきたいと思います。これからもエルマーノから、有名な選手が数多く出ていくと思いますが、チームのためにプレーすることを忘れずにひとつでも多くの勝利を目指してほしいと思っています。


ちなみにJリーグ特別強化指定選手とは日本サッカー協会がユース世代のサッカー選手に対して、高いレベルでのプレーができる機会を与えるための制度です。岡西選手も今年Jリーグに出場する可能性があるのでその時はエルマーノの代表としても頑張って素晴らしいプレーを見せてほしいと思います!!

  
冨士原コーチコメント
2011.0503〜04福井遠征
5/3・4と福井県丸岡へ1泊2日と2日間、育成6年生は遠征へ行ってきました。
会場は丸岡スポーツランド。クレー(土のグラウンド)で8人制が4面。メインスタンド天然芝1面(今回は残念ながら使用できませんでした)に加え宿泊施設とサッカーに集中できる環境の元で、坂井市古城交流大会に参加。北信越のチームに加え唯一関西圏、大阪の代表としてエルマーノは2チームエントリーで大会に臨んだ。
結果から先に言うとエルマーノブルーチームが優勝。イエローチームが6位。この遠征では勝負の中で+αどれだけ各個人がチームに貢献できるか(機能するか)を確認することができた。足りない部分は選手同士でディスカッションしあい、1試合目に比べると2試合目(1日目に比べると2日目)と徐々に選手達一人一人が、何かをしようとする姿勢が感じとられた。
得点シーンを振り返っても、一人任せではなく、うまく周りを使いながらのプレー(第3の動きや第4の動き)が、試合を重ねていく度に少しずつではあるが、見えてきたように思う。
そしてサッカー以外でも同じ釜の飯を食べ、一緒に風呂で汗を洗い流し、同じ時間を共に過ごす中で子供たちなりの世界観が今まで以上に広がったのではないか?と思う。この合宿で得た事を今後のサッカーに活かしていって欲しいと思う。
最後に、古城交流大会関係者の皆様、福井県という遠い地まで足を運んできて下さったたくさんの保護者の皆様、応援ありがとうございました。

試合結果
エルマーノブルー -
予選リーグ1日目-
vs高椋SSS(福井) 2-2△ vs富陽SC(石川) 12-0○ vs敦賀FC(福井) 3-0○ vs三国JrSC(福井) 7-0○
-2日目-1位リーグ進出-
vs平章SSS(福井) 9-1○ vsたかおか(富山) 4-0○ vs串SSS(石川) 8-0○ (参加20チーム中) 優勝!
 
エルマーノイエロー -予選リーグ1日目-
vs坂井SSS(福井) 4-0○ vs串SSS(石川) 2-5● 春江SC(福井) 10-0○ 長畝FC(福井) 3-3△
-2日目-2位リーグ-
vs磯部SSS(福井) 1-0○ vs小松南部FC(石川) 3-3△ vs高椋SSS(福井) 0-3● (参加20チーム中) 6位

 
写真左:1対1の攻防!
写真中:ボールキープの練習。
写真右:しっかりと狙ってキック!
写真左:ヘディングは負けない!!
写真中:2日間みんなよく頑張りました!
写真右:チーム一丸となって優勝できました。
 

竹元コーチコメント
育成6年生は112728日に福井県に行ってきました!丸岡招待という北信越の選抜チームいわゆるトレセンの大会に単独チームとして参加しました!エルマーノは毎年参加させてもらっていますが過去一度も優勝していない大会と聞いていたので、自分達の力がどこまで通用するのか子供達と同様に僕も凄くわくわくしていました!2日間で予選リーグと順位決定トーナメントがあり1日目は雷鳥FC、小松北部選抜、城丸プレジールの3試合、2日目は石川郡選抜、まほろばU-112試合がありました!この中には石川郡選抜や雷鳥FCなど毎年上位にいくチームと予選で対戦する事が出来ました!結果は予選リーグは0-21-35-1順位トーナメントは0-11-023敗と負け越してしまいました。どの試合でもサッカーの内容や技術では負けていませんでしたが負け試合では必ず負ける要素がありました。

1 先に失点してしまう
2 相手の勢い、雰囲気に飲み込まれてしまう
3 決めるべき所で決めれない
他にも細かくいえばきりがないくらい要因がありますが、この学年に関してはこの3つは全日の前からの課題ですし、技術よりも気持ちの面がすごく大きいと思います。今回のテーマは自分達で考えて判断するというテーマを子供達に与えました。押し込まれて失点しそうになってもあーしろこーしろとは言わずにヒントだけ与えて後は子供達の判断に任せていました。試合中や試合のハーフタイム、試合後、宿舎など常にみんなで考える時間を作りました。最初はミーティングをしても12人がぽつぽつ話をするだけでしたが最後は多くの子供が色々話をしていました。子供達の話の内容はともかくテーマの考えて判断するの部分ではみんなやろうとしているのが見えてよかったです!この大会では子供達にもそれなりに高いレベルでも自分達が出来る事、高いレベルでは出来ない事がはっきり分かったと思います!常に向上心と謙虚さと感謝を忘れずにこれからもいい準備をしてトレーニングや試合に臨みレベルアップしていって欲しいと思います!

 
香川県B-1サッカー大会(香川県宝山湖グランド)2010.0717〜19
冨士原コーチコメント

7月17〜19日と3日間、香川県遠征に行って参りました。育成3年生〜5年生合計40人での参加になりました。
私事ではありますが高校時代は香川県(香川西高校サッカー部)で3年間寮生活をおくっており、約7年ぶりの風景に懐かしさを感じ、当時の生活を昨日の事のように思い出として残っています。
さて今回の遠征、会場は天然芝で、大阪府・兵庫県・京都府・広島県・佐賀県・愛媛県と地方チームが集まってのフェスティバル。梅雨も明け30℃を超える暑さの中で3日間エルマーノのみんなは最初から最後まで元気いっぱいピッチを駆け回りました!
初日こそ長時間のバス移動や梅雨時期による練習不足の影響?で体にキレがなかったように思えましたが、試合を重ねる事に少しずつ改善されてきたように思います。3日間でたくさん試合を行い、みんな一緒に同じ生活の中で今回の遠征で何を感じまし
たか?何を学びましたか?ただ楽しかった〜!だけではなく、サッカーで良かったトコロ、良くなかったトコロなどもしっかり振り返って欲しいと思います。
宿舎でサッカーノートをとっている選手も見かけました。本当すばらしい事だと思います!
やはりサッカーは振り返り修正する中でレベルアップするものだと思っています。いかにミスをオリジナリティでカバーするか、その一人一人の意識が「チーム力」に繋がると思います。
実際5年生に関しては、この夏大会に数回参加します。今回の香川遠征での経験、これからの経験を大事にして欲しい!
暑さにも負けず頑張りましょうね!!
今回、香川県という遠い地まで応援に駆けつけて来て下さったたくさんの保護者の皆様、大きなケガもなく、無事遠征を終える事ができました。たくさんの御協力ありがとうございました!
辻本コーチコメント
暑い中1日数試合とハードな3日間お疲れ様です。
今回の遠征で感じた事は、攻守の切り替え、協調性です。
ボールを失った後の守備の意識、ボールを奪った時の判断を考えてしましょう。あと、バスを出した後にもう一回もらう動き、スペースを確保してください。止まってしまってるのが目立ちました傍観者にならないように。
トラップミス、パスミスも目立ちました。トラップ、パスは基本です。徹底的に練習しましょう。
全てにおいてサッカーはみんなでやるスポーツです。ミスしたらみんなでフォローしてやっていきましょう。
西村コーチコメント
7月17〜19日まで香川県に遠征に行って来ました。
育成5年生と4年生参加希望者と育成3年生がこの遠征に参加しました。
普段、育成4年生以下を担当している僕は、この遠征も4年生以下を担当させていただきました。
U-10リーグでは全戦無敗という成績を残していて、子供たちも自信をもってこの遠征に挑んだのではないでしょうか。
成績を先に書くと9試合して1勝7敗1分でした。内容も普段の持ち味が出ず、元気のない選手が多かったように思います。
高くなっていた鼻をへし折られたのではないでしょうか?
僕にとってこれは、これからどんどん上手くなっていくのに良いチャンスになってほしいと感じています。
自分の得意なプレーが通用しなかったのならどんどん磨こう。
できなかったプレーはできるまで頑張ろう。
これから夏休みが始まります。
たくさん練習して少しでも良いサッカーができるように頑張っていこう。

写真左:香川県B-1サッカー大会会場(香川県宝山湖グランド)
写真中:大会開会式
写真右:試合風景(とにかく広く気持ちよかった&暑かった)
写真左:暑い中でもしっかり戦っていました。
写真中:3・4年生の食後風景
写真右:かんぽの宿宝山湖でおいしい食事をいただきました。
育成6年生 福井県古城カップ
5月2日〜3日に育成6年生で福井遠征に行ってきました!
毎年参加している坂井市古城カップという大会に参加して優勝するぞ!という意気込みを持って子供達は参加してました!
大会に望むにあたって勝ち負けにこだわる以外にテーマを子供達に与えました。
今まで継続して来た事をベースに攻撃、守備にそれぞれ課題を持たせました。
なかなか上手く攻められない、守れないなどでイライラする時間もあれば、攻守に自分の思い通りに上手くいく時間もありました。
その度に何故うまくいかないのか?何故うまくいったのか?と選手に何故?という所しつこく聞きました。

日頃の練習や試合でも選手達で考え選手達で解決策を何か考えてみようと常にみんなに言い続けているのですが、やはりまだまだコーチに何かを言われるのを待っている姿勢の子が多いのが現状です。
しかし福井遠征では僕が言った事以外にもこうしようあーしようと何かを考えてやろうとしている選手がいたり、宿舎で選手達が勝手にミーティングを開いて話をしたりと考えるという姿勢が見えて少しずつ変わってきているんだなっと僕も凄く勉強になりました!
結果は予選リーグは1位で突破しましたが決勝リーグでは3敗でした。
ただ全日に向けてとても良い試合が出来ましたし、全日も選手達とともに全力で闘いたいと思います!
写真左:古城カップ大会会場
写真中:大会会場での集合写真
写真右:大会の開会式
写真左:緊張する初戦の挨拶!
写真中:竹元コーチのミーティング風景
写真右:宿舎で自分たちから進んで明日の作戦会議!
 
 
Copyright hermano All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.